ポップコーン



カテゴリ:★★★★( 10 )


珈琲時光



e0126259_18144623.jpg
監督:ホウ・シャオシェン
制作:2004年
時間:103分

出演:一青窈(ひととよう)  浅野忠信
   萩原聖人 余貴美子 小林稔侍



DVD:2005年03月29日 発売

価格:4935円(税込)




心落ち着く場所がある 心落ち着く人がいる


<ストーリー>


2003年夏、東京。古本屋を営む鉄道マニアの肇の力を借りて
30〜40年代に活躍した台湾出身の音楽家・江文也について
調べているフリーライターの陽子は、お盆の帰省で実家のある
高崎へ戻った際、父と継母に妊娠していることを告白した。

相手は台湾に住む恋人。しかし、結婚する気はなかった。
東京へ戻った彼女は、肇と一緒に文也の足跡を辿る取材に出かけるが
その途中、気分を悪くする。彼女の妊娠を知り心配した肇は、
何かと世話を焼こうとするも、その胸の内に秘めた彼女に対する想いを
伝えることは出来なかった。ある日、知人の葬儀に出席する為
両親が上京して来た。あくまでも、シングルマザーの道を選ぼうとする
陽子のことを心配するふたり。だが、彼らもまたその想いをうまく口に出せない。

翌日、陽子は電車の中で眠ってしまう。
そんな彼女の側には、いつの間にか肇がいた。


<思う>


とてもシンプルな映像で見ていると引き込まれる感覚になります。
セリフもセリフらしくはなくて、アドリブですべて話しているような
とても自然な日常感がとてもリアルに表れています。

ストーリーに大きな波が無いのですが、それがとても心地よくて
些細な毎日という日常感がとてもリアルです。見ていると現場に
吹いている風までも感じられるんじゃないかと思うくらい

テレビの画面に写し出されているとは思えないくらいに
空気感というか、日常感がとても素敵だなぁと思った。

主人公が今、何を感じているのかが見えない感じがまさに
日常で誰かと向き合っているような感覚になって良かった。

こういう映画がもっともっと増えてほしいと思う。
見て良かったです。一青窈の自然な演技も良かったです。
[PR]
by moviepana | 2009-06-22 18:25 | ★★★★

茶の味



e0126259_0333251.jpg
監督:石井克人
制作:2003年
時間:143分

出演:坂野真弥 佐藤貴広 浅野忠信
   手塚理美 我衆院達也 三浦友和
   土屋アンナ 中島朋子 和久井映見
   武田真治 寺島進 草彅剛 加瀬亮

DVD:2005年02月25日 発売

価格:4935円(税込)



みんな夕焼け見てた、宇宙のはじっこで。


<ストーリー>


山間の小さな町に住む春野家の人々は、それぞれモヤモヤとした
小さな何かを心に抱えている。長男の一は、片思いの女の子が
転校してしまったショックに打ちひしがれていた。
告白どころか、一度も声を交わしたことすらなかったのだ。

もっとも声をかける勇気なんて初めからなかったのだが、
そう思うとなおさら自分のふがいなさを後悔する日々・・・。

一方、小学校に入学したばかりの妹、春野幸子の悩みは、
ときどき巨大な自分の分身が勝手に出現し、家の庭先や、
学校の校庭で自分のことをじっと見下ろしていることだった。

「いつになったら、大きな自分が目の前から消えてくれるのだろう。」
誰にも言えない小さな葛藤が、幸子を憂鬱にさせる。


<思う>


まずこの映画の内容というかストーリーがはっきりしていない。
そんなところにすごく興味を持ちました。何か大きなできごとが
あるわけでもない。どこか平凡な内容がとても好きです。

そんな大きな波のない話ですが、この映画ではCGが使われていて
見ていて、どこか穏やかで懐かしい感じなのに、新しい感覚が
取り込まれていて、見ていて何とも不思議な気持ちになりました。

自分の中の偏見で、CGを使った作品では日本の懐かしさや
温かさなどは表現できないだろうと思っていましたが
そんな偏見をぶち壊してくれました。とても面白いです。

懐かしいのに新しい。こんな感覚は初めて感じました。
映像的にとても面白く、そしてすごく美しかったです。
とても素敵な作品だと思いました。まさに新しい感覚です。

こういう新しい映画を待ってました。色んな感情になりました。
笑えたり、懐かしがったり、淡い気持ちになりました。良かったです。



[PR]
by moviepana | 2009-04-26 00:46 | ★★★★

天然コケッコー


e0126259_1665917.jpg
監督:山下敦弘
制作:2007年
時間:121分

出演:夏帆  岡田将生
   夏川結衣 佐藤浩市
   柳英里沙  藤村聖子


DVD:2007年12月21日 発売

価格: 4935円(税込)



もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やぁ
ささいなことが急に輝いて見えてきてしまう



<ストーリー>


山間の分校。小学校と中学校は同じ校舎の中にあり、
全校生徒はたったの6人!右田そよは唯一の中学二年生。
初夏のある日、東京から転校生・大沢広海がやってきた。

期待に胸を膨らませるそよは仲良くなろうとするのだが、
ついつい冷たい態度をとってしまう。

海水浴、神社の境内で初めてのキス…。

そして春が来て、みんな1学年進級した。

楽しみにしていた修学旅行は東京。
広海が育った街を始めて見ることが出来て喜ぶそよだった…。



<思う>


この映画の舞台がのどかな田舎なので全編を通して、
自然が溢れる映像や方言など、とても懐かしく思える。

そして主人公、夏帆の自然な演技力が引き出されているような
とても魅力的な映画だと思います。田舎から見た都会や都会の人、
都会から見た田舎や田舎の人、両方の心境が何だかリアルで
どちらの視点からも見ることができる映画だと思います。

こういうのどかで全校生徒が6人という密な関係を
過ごしてみたかったなぁと思えます。田舎はいいなぁと。

見ていて何だか癒される映画でした。

こういう舞台も人物もややこしくなくてとてもシンプルで
その分、ひとりひとりの小さくて些細な感情にも
スポットライトが当たるような映画をもっと見たいです。

ちょっと疲れたときや一息つきたいときにオススメです。



[PR]
by moviepana | 2009-01-25 16:27 | ★★★★

全然大丈夫


e0126259_075866.jpg
監督: 藤田容介
制作:2007年
時間:110分

出演:荒川良々 木村佳乃 岡田義徳
   田中直樹 きたろう 伊勢志摩
   村杉蝉之介 江口のりこ 小倉一郎 
   根岸季衣 白石加代子 蟹江敬三

DVD:2008年8月29日 発売

価格: 3990円(税込)



 勝たないでシアワセになる方法、教えます



<ストーリー>


古本屋の長男で植木職人の照男は、
人を怖がらせることが好きな29歳。

世界一のお化け屋敷を作るのが夢で、
暇さえあれば人を怖がらせて楽しんでいた。

照男の幼馴染みの久信は、30歳を目前にして
自分の仕事に自信を持てずに悩んでいた。

ある時、久信の職場にアルバイトの女性、
あかりが入ってくる。あまりの不器用さに
クビになったあかりは、照男の古本屋でバイトを始める。

あかりに恋をした照男と久信の秘かなバトルが始まった。



<思う>


とってもゆるい映画です。でもそれがスゴく良い。
主人公も周りに出てくる人物も、みんなゆるい。

人生うまく行かないところとか。何かを求めて
その結果が出ないところなど見ていて良い意味で
映画らしくなく、劇的なこともなくて良い。

結局、主人公の夢はどうなったの?と言いたくなる
くらいに急いで結論を出さないこの映画が好きです。

そして木村佳乃さんの演技に何だか魅了されました。
不器用な女性の役を見事に演じていました。

そして主人公の荒川良々さんもとても身近にいる演技で。
岡田義徳さんの演技もとても好きです。何だかバラバラな
3人ですが、そこがまた魅力的でいいです。うなづかせます。

ゆるくて笑える映画は結論や結末を急いでいなくて
時間を自由に使っていて緊迫感がなくて気持ちよく見れます。

やっぱりこういう最後がちゃんと完結していない映画が
とても好きだなぁと再確認できた映画でした。
ゆるくリラックスできた作品でした。




[PR]
by moviepana | 2008-11-24 00:26 | ★★★★

グミ・チョコレート・パイン


e0126259_2122735.jpg
監督: ケラリーノ・サンドロヴィッチ
制作:2007年
時間:127分

出演:石田卓也 黒川芽以 柄本佑
   金井勇太 森岡龍 マギー
   甲本雅裕 大森南朋 高橋ひとみ


DVD:2008年6月20日 発売

価格: 3979円(税込)



人生はグミ・チョコレート・パインだ



<ストーリー>


高校2年生の賢三は、アンダーグラウンドな
ロックが好きな音楽少年。

他のクラスメートを低俗な奴らと嘲り、
「オレはアイツらとは違う」と思いながら、
何をしていいか分からず、毎夜、親友二人と
酒を飲んでは悶々と過ごしていた。

ある日、薄暗い名画座で同じクラスの美甘子と会う。
秘かに彼女に憧れていた賢三は、
美甘子が自分と同じ側の人間であることを知る。

自分の中で何かが変わった賢三は、
親友二人とバンドを組むことに…。



<思う>


80年代のいい青春映画だと思う。

青春映画とは言っても爽やかな青春映画とは違って
誰もが1度は経験したことはあるような青臭い青春。

毎日、何か悶々としていて自分を探し続けているような
そんな青臭さをリアルに感じることができるいい映画。

見ていて誰もが主人公に好感を持てる。
自分が入り込める映画だと思う。

結局、何か中途半端なままのラストも
何だか妙に納得できてしまう。この映画の流れで
変にまとまって終わるのは逆に納得できないと思う。

久しぶりに自分が入り込めた映画だった。

80年代の青春を体験していない僕にとっても
何だか新鮮で懐かしい内容だった。特に80年代に
青春を過ごした方はもっと楽しめると思う。

映画の冒頭部分にも出てくるのだが
「ウォーターボーイズやスイングガールズのような
青春映画とは違う。」とあるのだが、こっちはこっちで
とても魅力的な映画だと思う。

むしろこの作品の方が青春映画だと思う。




[PR]
by moviepana | 2008-11-15 21:56 | ★★★★

転々


e0126259_21372288.jpg
監督: 三木聡
製作: 2007年
時間: 101分

出演: オダギリジョー 三浦友和 
   小泉今日子 吉高由里子 岩松了
   ふせえり 松重豊 岸辺一徳 

DVD:2008年4月23日発売

価格:4935円(税込み)



  歩けばわかる、やさしくなれる。



<ストーリー>

大学8年生の文哉は、家族もなく、
孤独で自堕落な生活を送っていた。

いつの間にか作った借金は84万円。

返済期限まで残すところ3日という時に、
借金取りの男、福原がやってきて、
吉祥寺から霞ヶ関まで歩くのに付き合ったら、
借金をチャラにすると提案される。

返すあてのない文哉は福原の条件を呑むしかなかった。
井の頭公園の橋から、男二人の奇妙な旅が始まった。

調布の飛行場に着いた時、福原は妻を殺したことを告白する…。



<思う>

東京の街を散歩する映画と聞いて
その脱力感のあるテーマに興味を持った。

途中から妻を殺したことを告白して
ミステリアスな感じになるのかと思いきや
そんなことが大変なことではないかのように
全編を通して、なんだか穏やかで温かい。

東京の街を散歩する場面が割と多く
歩きながら繰り広げられる他愛もない会話に
笑うというよりもなんだか微笑んでしまう。

今までに見たことのないような
そんな新鮮さを感じました。

重大なできごとが良い意味でちっぽけに
感じるくらい良い意味で小さなスケール感。

心がポっと温かくなるような
じんわりと染み込むそんな映画でした。



[PR]
by moviepana | 2008-08-15 22:03 | ★★★★

世界はときどき美しい


e0126259_19551325.jpg
監督: 御法川修
製作: 2006年
時間: 70分

出演: 松田龍平 市川美日子 片山瞳
   松田美由紀 柄本明 浅見れいな
   瀬川亮 木野花 遠山景織子
   
DVD:2007年8月25日発売

価格:3990円(税込み)



  生きることを好きになる。
 あなたが教えてくれました。




<ストーリー>

ありふれた日常の中では見過ごしがちな
風景をやわらかな感受性で見つめ直していく映像詩《シネポエム》。
内面的な深みを刻んだ女性の美しさと、生きることのせつなさが、
霊性に満ちた儚い映像で綴られていく。

都会でひとり生きる女性の凛とした表情を、
女優・松田美由紀が繊細に美しく演じ、
新鋭監督・御法川修の誠実な語り口と、
日本映画の第一線で活躍するスタッフたちが
優しく作りあげた作品。

5つの短編からなるこの作品。
それぞれの主人公が日々の生活の中で感じる
感情を繊細に描いています。



<思う>

この作品は映画なんですが、スゴい独特な作品です。
映画を見ているようで、映画では無いような
見ていて言葉では表しにくい面白い作品でした。

5つのショートムービーからなる作品ですが
その1話1話にストーリーがあるんですが
ストーリーが無いような気もします。

物語を楽しむ作品ではなく感覚的に見る作品です。
中には、ひたすら自分の内面を吐き出す話もあります。
さらに全編を通して8ミリフィルムで撮影されており、
クリアな映像ではないので、誰かの心の内面という
そんな想像もかき立てられような視覚的映像です。

まずはこの「世界はときどき美しい」というタイトルが
素晴らしく良いタイトルなんですが、タイトルのイメージでは
逆光気味の温かい映像をずっとフューチャーしてるのかと
思ってたんですが、そうではなく、とてもシンプルで。

そのシンプルな映像が先入観を無くさせてくれます。
見ていて不思議な映画でしたが、こういう作品は
あってもいいと思います。もっとこういう作品が見たいです。

個人的に第4話の松田龍平の話と
第5話の市川美日子の話がオススメです。

独特な世界観があって面白かったです。
[PR]
by moviepana | 2008-01-25 20:33 | ★★★★

鍵がない


e0126259_138032.jpg
監督: 山田英治
製作: 2005年
時間: 83分

出演: つぐみ 大森南朋 目黒真希
   高野八誠 藤真美穂 川村亜紀 
   太田千晶 松田賢二 光石研
   
DVD:2007年8月24日発売

価格:4935円(税込み)



心の扉を開く鍵 見つかった?



<ストーリー>

美沙子は雨の日、鍵をなくしてしまった。
携帯の電源も切れ、街をブラブラ歩いたり、カフェで時間を
つぶしたり、ふと回りを見渡すと、うだつのあがらない男に
別れを切り出すOLやちっとも売れないミューシャンなど、
さまざまな悩みを持った人たちに出会う。

そんな美沙子には悩みがあった。
別れた彼、良介が忘れられないのだ。
良介に鍵を預けたままだったことを思い出した美沙子は、
思いきって電話をし、家の前まで行くのだが、どうしても
インターホンが押せなかった。
良介には新しい彼女がいるからだった。

美沙子は鍵だけでなく、押さえていた気持ちを探しながら、
夜の街をさまよった。はたして美沙子は、自分の心を開く
“鍵”を見つけることができろのだろうか……。


<思う>

映画全体の雰囲気や流れ方はスゴい好きです。
家の鍵を無くしてしまって小さなできごとから
鍵を持ったままの昔好きだった人を思い出す。

ストーリーにも無理が無く自然な流れだと思いました。

そこから鍵を貰いに行くと決心するまでの
長い時間も彼女の悩みや葛藤が見えて
見ていて気持ちが入りやすかったです。

途中バスに乗ったあたりから少し現実を離れてしまって
ちょっと残念な漢字でした。バスの運転手のあたりは
必要なのかなぁって思ってしまいました。

好きな彼を思いながらもそんなにベタベタとは
彼が出演して来ないことも逆に良かったと思います。

こういう小さなテーマから起きるストーリーが
とても魅力的でした。好きな感じの映画です。



[PR]
by moviepana | 2007-12-19 13:29 | ★★★★

たべるきしない


e0126259_2342891.jpg
   監督: 伊藤由美子
   製作: 2006年
   時間: 19分

   出演: 綾瀬はるか 佐藤貴広 清水沙映

   綾瀬はるかのデビューシングル
  「ピリオド」の初回特典として
  「たべるきしない」のDVD付き

   CD:2006年3月24日発売
   CD+DVD価格:1890円(税込み)


失恋はいつも突然やってくる


<ストーリー>

目をつむると浮かんでくるのは、別れても愛しい竹中君の姿。
ひとりでも強く生きてゆける強い女になりたいと切望しながらも
彼との思い出から離れられないでいるナオ、21歳。

「こんな時はたべるきしない・・・」

言ってみれば、「失恋」は台風が過ぎ去った「爪あと」のようなもの。
おなかにぽっこりあいた穴の再生復興には
ものすごい体力と労力がいるんだ。

「あたし、このまま餓死しちゃうのかしら・・・?」

苦しくて、せつなくて、でもそれでいて
意外とあっけらかんともしているナオは何処へ…。


<思う>

このショートムービーを撮影しているのが
写真家の佐内正史さんということで
興味を持って見ました。

大きな話の流れやストーリーは無く
失恋して「たべるきしない」女の子の悩みや
回想のみの映像で、抽象的で女の子の世界なんだなと思う。

ショートムービーだから無理矢理ストーリーを詰め込むのでは無く
ゆったりとした流れに興味を惹かれる。女の子の視線が面白い。

波の無い映画が好きな人は好きになると思う。
最後の終わり方が波がなくていいなぁと思った。

可愛らしい映画が好きな女の子にはオススメだと思う。



[PR]
by moviepana | 2007-08-15 23:31 | ★★★★

ストロベリーショートケイクス


e0126259_18194948.jpg
監督: 矢崎 仁司
製作: 2006年
時間: 127分

出演:池脇千鶴 中越典子 中村優子 
   岩瀬塔子 安藤政信 加瀬亮  他


DVD:2007年4月25日発売
価格:4935円(税込み)

主題歌:『光が消える前に』mount sugar


最悪な出来事を乗り越えられたあたしには、
なんだってできるような気がしたんだよ


<ストーリー>

2年前の大失恋を乗り越えて逞しく生きる里子は
「恋に恋する」日々を過ごすデリヘル店「ヘブンスゲイト」の電話番。

デリヘル嬢の秋代はお金を貯めて5階以上の一人用マンションを購入し、
ボケそうになったら飛び降り自殺することを決めている。
それは決して叶うことのない菊池への想いを貫こうとする彼女の将来設計だった。

プライドが高く、強く生きようとするがために
過食と嘔吐を繰り返すイラストレーターの塔子。

事務OLのちひろは男に愛されることでしか自分の存在を確認できないでいるが
結婚に執着するちひろに恋人の永井はうんざりしている。

仕事も、好きなものも嫌いなものも、全部違う。
でもこの小さな東京で暮らす女の子たち。

それぞれのままならない思いを抱え、傷つき、泣きながらも
人生にきちんと向かい合った時、彼女たちに小さな奇跡が起こる。


<思う>

この映画を予告編を見てから見たんですが
内容は同じですが何だか印象が随分違って見えました。
予告編は適度な喪失感と空っぽな感じでしたが
実際は女性の生々しい感情や行動がリアルに描かれてました。

元々、この映画のターゲットは若い女性だと思うんですが
ホントに若い女性に向けて作ってるなぁと感じました。
男性が見て共感できる映画ではありませんでした。

女性の繊細な感情の変化がリアルに描かれています。
きっとそこが重要な映画です。ぼかしてはならないリアルです。

同世代の女性なら苦しくも心が開放される映画だと思います。
僕はリアル過ぎて女性に対する見方が変わる映画だと感じました。

喪失感や失望感が今の現実的な感情と混ざっているのが
この映画の魅力だと思いました。
[PR]
by moviepana | 2007-06-06 18:57 | ★★★★


波の無い映画が大好きです。邦画が大好きです。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧