ポップコーン



カテゴリ:★★★( 7 )


弁当夫婦



e0126259_167643.jpg
監督:ユースケ・サンタマリア
制作:2008年
時間:25分

出演:永作博美 
   ユースケ・サンタマリア




DVD:2009年04月15日 発売

価格:3150円(税込)



 愛情をこめる女・食べる男


<ストーリー>


朝も早くから、腕をふるって弁当を作る女。
後から起きて、あまり会話を交わさない男。

2人はともに37歳。長年、同棲生活を続けていることで
一緒にいることが、ごくごくあたりまえになっていた。

お互いに結婚を望んでもいるが、完全にタイミングを逸している状態だ。
「じゃ、後ほど」と言いながら、女は男より早く出勤する。

女はR246沿いのビルにあるギャラリーに勤務し、男はそこから
見える路上で移動式カフェ“金魚屋コーヒー”を経営している。

昼休み。近くの公園のベンチで、いつものように女は男が来るのを待ち
男がやってくると一緒にお手製の弁当を食べる。そして、「じゃ、後ほど」
と言いながら、女は男より早く職場に戻る。

毎日、同じことの繰り返し。慣れとともに、以前より少なくなっていく、
日々のコミュニケーション。ある日の午前、女が“金魚屋カフェ”にやってきた。
「ちょっと話をしよう」と言いながら…。


<思う>


この映画を見るときに何の情報もなく見始めたので、およそ30分で
終わってしまって何だか物足りないような感覚になりました。

でも30分のショートムービーだと思い見ていれば、また違った
面白さを慎重に見ることができなたなぁと少し反省しました。

ストーリーは割りと淡々と進んでいく感じでした。ショートムービーは
時間が短いのでその分、ストーリーを詰め込み過ぎた忙しい映画になるか
何も波のないまま、ゆるやかに流れて行く映画と2パターンありますが
この映画はどこかゆるやかな印象ですが、少し淡々と忙しさも感じました。

ストーリーに波のないので、そういうのが好きな人なら楽しめると思います。

ただ流れて行く日常、ただ動いていく日常は割とリアルな感じがしました。
もう少しこの先がどうなるのか気になる映画でした。
[PR]
by moviepana | 2009-07-20 16:22 | ★★★

ザ・マジックアワー



e0126259_22382092.jpg
監督:三谷幸喜
制作:2007年
時間:136分

出演:佐藤浩市 妻夫木聡 深津絵里
   綾瀬はるか 西田敏行 小日向文世
   寺島進 戸田恵子 伊吹吾郎

DVD:2008年12月03日 発売

価格:3990円(税込)



最後に笑うのは誰だ?


<ストーリー>


港町・守加護でクラブ「赤い靴」の支配人を任されている備後は、
ギャングのボス・手塩の情婦・マリに手を出したのがバレて大ピンチ。

5日以内に幻の殺し屋・デラ冨樫を探し出して連れて来なければ
命はないと脅される。が、デラの居場所に皆目見当もつかない備後は
替え玉を仕立てる苦肉の策に出る。そこで白羽の矢が立ったのが
売れない俳優・村田大樹。主演映画を撮りたいと村田を騙し
守加護へ連れて来る。


<思う>


やっぱり改めて三谷幸喜さんはスゴい人だなぁと思う。
これこそが三谷ワールドだなぁとため息が出るところだが
三谷さんの世界ではそんなため息も笑い声に変わる。

ストーリー展開も見ていてどこで笑わせられるかハラハラする。
これからどういう展開になっていくのか見れば見るほど
どんどん楽しみになっていく。どうなるのだろうという期待感。

登場人物のキャラクターがどれも個性が被っていてなくて
ハッキリしているので見ていてすごくわかりやすいです。

三谷さんの作品はホントすごく良いんだけど、もう三谷ワールドは
良いとか悪いとかそういう感じではないような気がする。映画を
見ればもう納得させられる。それぐらい独特で個性的な作品です。

年齢や性別など関係なくみんなが見れるコメディー映画。
とても素敵だと思いました。今回も笑わせてもらいました。



[PR]
by moviepana | 2009-04-19 23:02 | ★★★

ハチミツとクローバー



e0126259_13524647.jpg
監督:高田雅博
制作:2006年
時間:116分

出演:櫻井翔 蒼井優  伊勢谷友介
   加瀬亮  関めぐみ 中村獅童
   西田尚美 堺雅人

DVD:2008年10月24日 発売

価格: 3454円(税込)



人が恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった。


<ストーリー>


ある日のこと、竹本は恋に落ちた。
それは一瞬のことだった。

彼の瞳の先にいたのは、一心不乱に筆を走らせるはぐみだった。
そして竹本が恋した瞬間を、真山が目撃していた。
真山自身はアルバイト先の女性に想いを寄せている。
竹本も真山も、そしてはぐみも美大の生徒。

そこに真山を思うあゆみ、復学した森田が加わったことで、
恋の一方通行はますます複雑になっていく。
はぐみに少しでも気持ちを伝えたいと思う竹本。

でもはぐみは森田の存在に心が揺れ始める。


<思う>


メインの5人全員がそれぞれに一方通行の片想い。
映画やドラマは必ず最後は振り向いてもらえたり。
そういうものをどこかで期待していたりするものですが
この映画は全員が片想いという設定でとても面白いなぁと思いました。

でもそこが逆に難しいなぁと感じました。全員が片想いだから
すごく切ないものにするのか。逆に爽やかなものにするのか。

この映画は爽やかな感じになっていたんですがもうちょっと
切なくなってもいいんじゃないかなぁと思いました。切ない
シーンでもなぜか全然切なくなれませんでした。爽やか過ぎた。

個人的には櫻井翔と蒼井優との恋愛模様よりも
加瀬亮と関めぐみの恋愛の方が気になったし、見ていて
とても入り込めました。この2人をメインにした映画を
作ってほしいぐらいでした。関めぐみさんの演技がとても良かったです。



[PR]
by moviepana | 2009-02-22 14:11 | ★★★

空中庭園


e0126259_176592.jpg
監督: 豊田利晃
制作:2005年
時間:114分

出演:小泉今日子 板尾創路 鈴木杏 
   広田雅裕 國村隼 瑛太 
   今宿麻美 勝地涼 ソニン
   永作博美 大楠道代

DVD:2006年05月26日 発売

価格: 3990円(税込)



家族のことは、好きですか?



<ストーリー>


京橋家のルールは、何事も包み隠さないこと。

しかし、長女マナが誕生のきっかけがラブホテル
「野猿」ということまで赤裸々に語られ、マナはとまどう。
長男のコウはそのラブホの建築に興味を持ち、言ってみようと不
動産屋の女性に案内を頼むが、彼女は父の愛人だった。

マナが学校をさぼって援交をしていたり、
父にはふたり愛人がいたり、家族には隠し事が多く、
そしてルールを作った絵里子にも知られたくない過去があった。


<思う>


ある意味ホラー映画です。回想シーンみたいなものが
よく出てくるんですが、そのシーンがとてもホラーです。

ここまで怖がらせたいのか、衝撃的にしたいのか変に印象的で
内容が飛んでしまうような気がしました。せっかくラストの
結末が良いのに、それが何とも弱い印象に感じてしまいました。

何だか物足りないような。今まであんなにインパクトが
あったのにって思ってしまいます。そこがちょっと
残念のような気がしました。家族というテーマなだけに。

でもやっぱり家族について考えさせられました。映画のような
家族のカタチって今の日本の家族とそうかけ離れていない
気がするので、自分に置き換えて考えてしまいます。

それにしてもホラーな映画で少し驚きました。
[PR]
by moviepana | 2009-02-13 17:32 | ★★★

めがね


e0126259_18135919.jpg
監督: 荻上直子
制作:2007年
時間:106分

出演:小林聡美  市川実日子
   加瀬亮  光石研  
   もたいまさこ


DVD:2008年3月19日 発売

価格: 5040円(税込)



  何が自由か、知っている。



 <ストーリー>


南の島の小さな街。
プロペラ機でこの地に降り立った
タエコはハマダという宿泊施設にやってきた。
宿の主人はユージ。

ほか高校教師のハルナや
海辺でかき氷屋を開くサクラが、
この宿に出入りしている。

タエコは観光をしようと名所を聞くが
「ここは観光する場所はない。たそがれるだけです」
と説明される。

独特の空気が流れ、やさしいような、
なれなれしいような不思議な人々に
とまどうタエコは宿を変える決意をするが、
新しい宿泊施設はとんでもないところだった…。

やがてタエコを「先生」と呼ぶ青年が、ハマダを訪れる…。



<思う>

かもめ食堂の監督でもある荻上直子さんの作品は
いつも独特のゆるい空気感があって、
何気ない毎日を特別に感じさせてくれます。

この「めがね」もゆっくりと穏やかに過ぎていく時間を
とても貴重で大切なものなんだち教えてくれる作品です。

どうしても、かもめ食堂と比べてしまうんですが
もう少し何かインパクトがあってもいいかなぁと思いました。
こういうユルく穏やかな作品は大好きなんですが
この作品にはもう少し何だか求めてしまいたくなります。

でもその微妙なスパイスが加わってしまうと
この作品の良さが一気に変わってしまうのかなぁと
思いました。でも、やはり荻上さんの作品は好きです。

色々なところでなるほど。と感心させられます。



[PR]
by moviepana | 2008-09-30 18:33 | ★★★

キトキト!


e0126259_17405696.jpg
監督: 吉田康弘
製作: 2006年
時間: 109分

出演: 石田卓也 平山あや 大竹しのぶ
   尾上寛之 伊藤歩 井川比佐志
   光石研 鈴木蘭々 木下ほうか

DVD:2007年11月22日発売

価格:4935円(税込み)



  何があっても、母ちゃんは
 ボクらの味方だった。




<ストーリー>


富山県・高岡。大仏が名物のこの街に、
大仏以上に強烈な人間がいた。その名は斉藤智子。
女手ひとつで娘と息子を育ててきた肝っ玉母ちゃんだ。

しかし娘の美咲はスケバンになった挙句、男と駆け落ち。
息子の優介はチンケな暴走族をしつつ
高校へ通っていたものの、結局退学してしまう。

そんな中、智子は優介に何の相談もなしに
スナックを開店すると言い出す。しかも男がいるらしい。
その姿に優介は、高岡での生活に疑問を感じ始める。

近所で“スーパー智ちゃん”と評判の肝っ玉母さんと、
その母から逃げるように東京へと飛び出した息子。

そんな二人の関係を中心に家族のすばらしさを優しく映し出す。



<思う>

この映画の舞台が富山県なので家族の会話は富山弁。
何だかその方言に見ている方の緊張感が無くなって
なんの構えもなく見れてしまう。

親と子供との関わり合いや関係性が
割とリアルだなぁと思ってみました。
なので見ていると自分の母親を思い出します。

この映画のキャッチコーピーに
「母ちゃんって不死身なんだと思ってた。」とありますが
ホント、この言葉通り、母親は不死身だとボクも思います。

なので母親もひとりの人間であることを
この映画で写し出していたような気がします。

とても見やすい映画ですが
その奥には親子の関係性が鋭く描かれている。
そんな感じがします。そこをサラっと見せてしまう
監督がスゴいなぁと感じました。

泣いてしまいます。きっと。



[PR]
by moviepana | 2008-03-19 18:01 | ★★★

パコダテ人



 e0126259_065814.jpg  監督: 前田哲
   製作: 2001年
   時間: 82分
 
   出演: 宮崎あおい 荻原聖人 勝地涼
      大泉洋 松田美由紀 松田一沙
      徳井優 木下ほうか
   
   DVD:2002年8月23日発売

   価格:2380円(税込み)



   ハッピーが生えてきた。



<ストーリー>

日野ひかるはごく普通の函館の女子高生。
ある朝目覚めると、ひかるのお尻には
なんとシッポが生えていた! 

それを隠して登校するが、“函館スクープ”の記者に
激写されてしまう。新聞に載ってしまったひかると
日野一家はパニックに…。

一方、函館市役所に勤めるやもめの吉田さんも、
突然生えてきたシッポに困惑している1人。
恋する相手にもその事を告げられずハラハラの毎日。

やがて、2人のシッポは函館から
政府をも巻き込む大事件に発展していく…。


<思う>

この映画を見る前に思ったのが
ある日、突然 主人公にしっぽが生えて
来てしまうというストーリーから
典型的なコメディーかと思ってました。

しっぽが生えて来たという
突然的な内容ににも関わらず
割とストーリーはしっかりしていて
予想よりも面白かったです。

もっとコメディーコメディーしているのかと
思いっきり笑わせてくれるのかと思いきや
そこまでコメディーでもなくイイ映画でした。

自分もいきなりしっぽが生えて来たら
どうしようと一瞬考えてしまうくらい
主人公の焦りなども感じました。

色んな感情を持たせてくれる映画だなって
思いました。とても見やすい映画でした。
[PR]
by moviepana | 2008-02-04 00:35 | ★★★


波の無い映画が大好きです。邦画が大好きです。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧