ポップコーン



カテゴリ:★( 4 )


リアル鬼ごっこ


e0126259_1191754.jpg
監督: 柴田一成
制作:2008年
時間:98分

出演:石田卓也 谷村美月 大東俊介
   松本莉緒 吹越満 柄本明


DVD:2008年8月22日 発売

価格: 3990円(税込)



全国の佐藤さん、少し数を減らします。



<ストーリー>

不良高校生の佐藤翼はそのとき、
対立する不良グループから必死で逃げていた。

追う不良グループのリーダーも同じ苗字の佐藤洋。

二人はもともと幼馴染だったが、
いつからか仲たがいしてしまったのだ。

この日はとうとう洋たちにつかまってしまった翼。
しかしその瞬間、信じられない出来事が起こった…。

日本に最も多い苗字である佐藤姓の人間だけを
リアルな鬼ごっこの標的として狙う未来の王様、
その陰謀から逃げまどう現代の佐藤姓の若者たちの姿を描く。



<思う>


日本の苗字で最も多い「佐藤」という名前の人を
鬼ごっこで捕まえて数を減らすという発想が
とても面白くてすごく興味を持ちました。

最終的にはそんな発想からどんな内容になるのか
どういう始まりでどういう終わりなのか興味津々でした。

実際はちょっと内容がややこしかったです。
ストーリー的にちょっと難しいです。

鬼ごっこの部分は楽しくわかりやすく見れましたが
小学生ぐらいのコが見たらわからないだろうなぁ
という印象を持ちました。

最後の展開も少し首を傾げたくなるような
そんな締めくくり方でした。見てる方は満足しない
ような気がしました。うまく逃げられた感じです。

もう少しハラハラするシーンがあっても
良かったんじゃないかなぁと思いました。



[PR]
by moviepana | 2008-11-19 01:50 |

海でのはなし。


e0126259_050452.jpg
監督: 大宮エリー
製作: 2006年
時間: 71分

出演: 宮崎あおい 西島秀俊 
   天光眞弓 穂積ペペ 菊池凛子 
   川村早織梨 毬谷友子 勝野洋
   
DVD:2007年5月25日発売

価格:3990円(税込み)



誰かを大事に思うこと。
ちっぽけだけど、いちばん大切なこと。



<ストーリー>

ごく普通の家庭で両親の愛を一身に受け、
珍しいくらいまっすぐに育ってきた女の子、楓。

でもある日楓は、母親が父親の愛人だったことを知ってしまう。
お父さんには、私たち以外に本当の家族がいる…。
傷ついた楓はが向かったのは、博士のいる場所だった。
楓より少しだけ大人で、とぼけたことばかり言う博士は、
楓にとっては近くて遠いひと。そして、とても大事なひと。
恋とかそういうのじゃなくて、もっともっと深い何かで繋がっているような。

博士は、誰ともあまり関わりをもたずに生きてきた。
傷つかないですむし、そのほうが楽だからだ。
でもいったいいつからだろう。両親を愛するさえできなくなったのは…。

二人を乗せた車は海へと向かう。くだらないおしゃべり。
真夜中の浜辺。闇から響く波の音。ことばは途切れながらも続いてゆく。
そしておとずれる、やさしい朝。楓と博士。

不器用な二つのこころは少しずつ寄り添っていく。



<思う>

この映画はスピッツの音楽から生まれました。
スピッツの楽曲が挿入歌として使われています。

主人公が会話をしているシーンのバックで
延々とスピッツの曲が流れていました。
しかも1曲終わると間髪入れずに
また次の曲が流れてきて。

正直、音楽が映画の雰囲気を壊している。
映像が音楽を壊している。そんな気がしました。
音楽で会話に集中できなかったり。

結局、中身にのめり込むことができず
途中で寝てしまいました。それぐらい
バック音楽の必要性がわかりませんでした。

ジャケット写真がイイ感じだったんですが
正直、ガッカリした映画でした。
[PR]
by moviepana | 2007-10-31 02:19 |

春眠り世田谷


e0126259_23412439.jpg
監督: 山田英治
製作: 2001年
時間: 80分

出演: 大森南朋 今井あずさ 
   紀伊修平 川屋せっちん 
   永井英里
   
DVD:2005年8月26日発売

価格:4935円(税込み)



オトコ ミソジ コタエ ミエズ


<ストーリー>

30歳を前にして会社を辞めた男は、
自分の存在の意味に疑問を抱く。

ある日訪れた友人の家で
妊娠中の奥さんを見た時、

彼は奇妙な行動に出る…。


<思う>

自主制作のような映画の作り。

会社を辞めて、ただ毎日をダラダラ過ごす三十路の男。
何か動き出そうとしていても、重い腰は持ち上がらず
結局、毎日ダラダラとマンガを読んで過ごす毎日。

かなり現実に近い映画だと思う。
動き出そうとしても、全く動き出さなかったり。

見ていて少し共感できたり。
夢や希望が無い映画。でもその分、訴えるものが
強い気がする。でも少し物足りなさを感じる。

波の無い映画で話の流れはいいが
何か中途半端に小さな波がちょこちょこ起きてしまったり。

何だか見ていていまいち入り込めなかったり。
何より主人公に入り込めない。
何も考えているのかよくわからない。

そこがちょっと物足りないかなって思った。
もう少し主人公を明確にしてもいいかなと思った。
[PR]
by moviepana | 2007-08-16 00:00 |

初恋


e0126259_0125775.jpg
監督: 塙 幸成
製作: 2006年
時間: 114分

出演: 宮崎あおい 小出恵介 宮崎将
   小嶺麗奈 柄本佑 青木崇高
   松浦佑也 藤村俊二

DVD: 2006年11月24日発売
価格:3990円(通常版)

主題歌:『青のレクイエム』元ちとせ


あなたとなら、
時代を変えられると信じていた。


<ストーリー>

高校生のみすずは小さい頃から孤独だった。
学校では友達も作らず、ひたすら本を読む日々。

そんなある放課後、みすずはジャズ喫茶Bに足を運ぶ。
そこで東大生の岸と出会う。

次第に岸の仲間たちとも打ち解け
学校にいるよりも、家にいるよりも
ジャズ喫茶Bにいる時間が増えて行く。

生まれて初めて『仲間』という温かい感覚。

そんな中、岸はみすずにある計画を持ちかける。

「現金輸送車から三億円を強奪しないか?」


<思う>

1968年に起こった三億円強奪事件。
1975年に未解決のまま時効を迎えた。

それからも映画やドラマで取り上げられ日本に旋風を巻き起こした
日本史上最大のミステリーだと言われている。そんな事件をテーマに
したこの映画はかつて無い内容で話題になった。

「三億円強奪事件の犯人は18歳の女子高生だった。」

このキャッチコピーで興味を持った人がたくさんいると思う。
僕もこのテーマで内容を想像し、膨らませ過ぎたのかもしれない。

率直に、あまり面白くありませんでした。
初めは面白いと思っていた設定も、だんだん首を傾げてしまうような
ちょっと強引なところがあるように思えました。

初めの方の内容にも、いまいちピンと来ず
見ている方はとても退屈でした。

タイトルの『初恋』なんですが、
どうも「三億円事件」というテーマが大き過ぎて
見ていて恋愛のことを忘れてしまうし
恋愛の方に気が向いていると
話の強引さに、訳が分からなくなります。

初めの期待が大き過ぎた分
少しガッカリした映画でした。
[PR]
by moviepana | 2007-06-26 00:47 |


波の無い映画が大好きです。邦画が大好きです。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧