ポップコーン



<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


全然大丈夫


e0126259_075866.jpg
監督: 藤田容介
制作:2007年
時間:110分

出演:荒川良々 木村佳乃 岡田義徳
   田中直樹 きたろう 伊勢志摩
   村杉蝉之介 江口のりこ 小倉一郎 
   根岸季衣 白石加代子 蟹江敬三

DVD:2008年8月29日 発売

価格: 3990円(税込)



 勝たないでシアワセになる方法、教えます



<ストーリー>


古本屋の長男で植木職人の照男は、
人を怖がらせることが好きな29歳。

世界一のお化け屋敷を作るのが夢で、
暇さえあれば人を怖がらせて楽しんでいた。

照男の幼馴染みの久信は、30歳を目前にして
自分の仕事に自信を持てずに悩んでいた。

ある時、久信の職場にアルバイトの女性、
あかりが入ってくる。あまりの不器用さに
クビになったあかりは、照男の古本屋でバイトを始める。

あかりに恋をした照男と久信の秘かなバトルが始まった。



<思う>


とってもゆるい映画です。でもそれがスゴく良い。
主人公も周りに出てくる人物も、みんなゆるい。

人生うまく行かないところとか。何かを求めて
その結果が出ないところなど見ていて良い意味で
映画らしくなく、劇的なこともなくて良い。

結局、主人公の夢はどうなったの?と言いたくなる
くらいに急いで結論を出さないこの映画が好きです。

そして木村佳乃さんの演技に何だか魅了されました。
不器用な女性の役を見事に演じていました。

そして主人公の荒川良々さんもとても身近にいる演技で。
岡田義徳さんの演技もとても好きです。何だかバラバラな
3人ですが、そこがまた魅力的でいいです。うなづかせます。

ゆるくて笑える映画は結論や結末を急いでいなくて
時間を自由に使っていて緊迫感がなくて気持ちよく見れます。

やっぱりこういう最後がちゃんと完結していない映画が
とても好きだなぁと再確認できた映画でした。
ゆるくリラックスできた作品でした。




[PR]
by moviepana | 2008-11-24 00:26 | ★★★★

陰日向に咲く


e0126259_16274024.jpg
監督: 平川雄一朗
制作:2008年
時間:129分

出演:岡田准一 宮崎あおい 伊藤淳史
   平山あや 緒川たまき 塚本高史
   西田敏行 三浦友和

DVD:2008年7月16日 発売

価格: 3675円(税込)



  ひとりじゃない。



<ストーリー>


ギャンブル好きが高じて借金まみれになったシンヤ。
上司から援助を受けるも、パチンコで使い果たしてしまった。

会社から見放され、取り立てに追われるシンヤは、
オレオレ詐欺で金を稼ごうとする。しかし、
電話に出た老婆がシンヤを自分の息子と思い込んで話し始め、
二人の間に奇妙な交流が始まる。

悲しく優しい老婆の声にシンヤはカネをせびるのも忘れ…。


劇団ひとり原作の小説が映画に。
東京に暮すダメな人たちの人生に焦点を当てた群像劇。
借金返済のためにオレオレ詐欺に手を染める青年、
C級アイドルを追いかけるオタク少年、家族と世間を捨てた男、
夫に逃げられ子供も亡くした孤独な老女…

日陰でも懸命に生きる人々を温かい目線で描いている。



<思う>


先に劇団ひとりの原作を読んでから見たせいか
次の展開、次の展開を思わず期待してしまった。

そして原作の方でこれは映画にするのは難しい。
どうやってやるのか疑問に思っていた話は
やっぱり映画に入ってなくて少し残念だった。

でも原作にはなくて映画に加わっている部分もあって
見ていて案外、新鮮に見ることができた。そこは良かった。

9人の主人公にみんな共通点というか
それぞれに絡み合って行くんですが
そのため、ひとりひとりの内容というものが
物足りないようなそんな気がしました。

見終わってからもっと詳しく見たい。
もっともっと見たいと思いました。

原作はすごく良かったです。

この内容で物足りなかったら
原作を読めば満足すると思います。
[PR]
by moviepana | 2008-11-22 16:51 | ★★

リアル鬼ごっこ


e0126259_1191754.jpg
監督: 柴田一成
制作:2008年
時間:98分

出演:石田卓也 谷村美月 大東俊介
   松本莉緒 吹越満 柄本明


DVD:2008年8月22日 発売

価格: 3990円(税込)



全国の佐藤さん、少し数を減らします。



<ストーリー>

不良高校生の佐藤翼はそのとき、
対立する不良グループから必死で逃げていた。

追う不良グループのリーダーも同じ苗字の佐藤洋。

二人はもともと幼馴染だったが、
いつからか仲たがいしてしまったのだ。

この日はとうとう洋たちにつかまってしまった翼。
しかしその瞬間、信じられない出来事が起こった…。

日本に最も多い苗字である佐藤姓の人間だけを
リアルな鬼ごっこの標的として狙う未来の王様、
その陰謀から逃げまどう現代の佐藤姓の若者たちの姿を描く。



<思う>


日本の苗字で最も多い「佐藤」という名前の人を
鬼ごっこで捕まえて数を減らすという発想が
とても面白くてすごく興味を持ちました。

最終的にはそんな発想からどんな内容になるのか
どういう始まりでどういう終わりなのか興味津々でした。

実際はちょっと内容がややこしかったです。
ストーリー的にちょっと難しいです。

鬼ごっこの部分は楽しくわかりやすく見れましたが
小学生ぐらいのコが見たらわからないだろうなぁ
という印象を持ちました。

最後の展開も少し首を傾げたくなるような
そんな締めくくり方でした。見てる方は満足しない
ような気がしました。うまく逃げられた感じです。

もう少しハラハラするシーンがあっても
良かったんじゃないかなぁと思いました。



[PR]
by moviepana | 2008-11-19 01:50 |

たとえ世界が終わっても


e0126259_20361534.jpg
監督: 野口照夫
制作:2007年
時間:98分

出演:芦名星 安田顕
   大森南朋


DVD:2008年2月08日 発売

価格: 4935円(税込)



思い出は生き続ける。いつかまた遇える日まで



<ストーリー>


医者に余命数年と告げられ、
ヤケになった真奈美は
インターネットの自殺サイトで
集団自殺を知り参加することに。

だが、集まったメンバーは
好き勝手なことばかりして
一向に自殺する気配がない。
それどころか、やがて
それぞれ自分の生活に戻っていった。

そんな中、真奈美の前に、
自殺サイトの管理人が現れる。

あなたに助けてもらいたい人がいる、
その人を助けてくれたら
苦しまずに死ねる薬をあげる。

と囁き、去っていく…。



<思う>


主人公の芦名星さんの表情はとてもリアルで
自殺志願者という役の通り、張りつめた表情が
見ている方を惹き付ける力があるなぁと感じた。

ストーリーはどこか現実的な世界とそうじゃない世界を
行ったり来たりしているようなそんな感じがしました。

でも何だかサラっとそんなストーリーに入っていく感じは
何だか不思議な感じがした。現実的ではないけれど
一場面、一場面の人物の感情はとてもリアルでした。

最後がちょっとドラマチックな感じなんですが
こういう展開じゃなくてもいいんじゃないかなぁと
感じた。でもどこか現実的ではない世界なので
こうなってもいいのかなぁなんて思う。

割とシンプルな映画だが、もっとシンプルでもいいと思った。
どんどん色んなものをはぶいていっても
結果的には良い映画になりそうな気がする。

もっとリアルでシリアスでもよかったかなぁ。



[PR]
by moviepana | 2008-11-16 20:59 | ★★

グミ・チョコレート・パイン


e0126259_2122735.jpg
監督: ケラリーノ・サンドロヴィッチ
制作:2007年
時間:127分

出演:石田卓也 黒川芽以 柄本佑
   金井勇太 森岡龍 マギー
   甲本雅裕 大森南朋 高橋ひとみ


DVD:2008年6月20日 発売

価格: 3979円(税込)



人生はグミ・チョコレート・パインだ



<ストーリー>


高校2年生の賢三は、アンダーグラウンドな
ロックが好きな音楽少年。

他のクラスメートを低俗な奴らと嘲り、
「オレはアイツらとは違う」と思いながら、
何をしていいか分からず、毎夜、親友二人と
酒を飲んでは悶々と過ごしていた。

ある日、薄暗い名画座で同じクラスの美甘子と会う。
秘かに彼女に憧れていた賢三は、
美甘子が自分と同じ側の人間であることを知る。

自分の中で何かが変わった賢三は、
親友二人とバンドを組むことに…。



<思う>


80年代のいい青春映画だと思う。

青春映画とは言っても爽やかな青春映画とは違って
誰もが1度は経験したことはあるような青臭い青春。

毎日、何か悶々としていて自分を探し続けているような
そんな青臭さをリアルに感じることができるいい映画。

見ていて誰もが主人公に好感を持てる。
自分が入り込める映画だと思う。

結局、何か中途半端なままのラストも
何だか妙に納得できてしまう。この映画の流れで
変にまとまって終わるのは逆に納得できないと思う。

久しぶりに自分が入り込めた映画だった。

80年代の青春を体験していない僕にとっても
何だか新鮮で懐かしい内容だった。特に80年代に
青春を過ごした方はもっと楽しめると思う。

映画の冒頭部分にも出てくるのだが
「ウォーターボーイズやスイングガールズのような
青春映画とは違う。」とあるのだが、こっちはこっちで
とても魅力的な映画だと思う。

むしろこの作品の方が青春映画だと思う。




[PR]
by moviepana | 2008-11-15 21:56 | ★★★★


波の無い映画が大好きです。邦画が大好きです。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧