ポップコーン



<   2009年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧


珈琲時光



e0126259_18144623.jpg
監督:ホウ・シャオシェン
制作:2004年
時間:103分

出演:一青窈(ひととよう)  浅野忠信
   萩原聖人 余貴美子 小林稔侍



DVD:2005年03月29日 発売

価格:4935円(税込)




心落ち着く場所がある 心落ち着く人がいる


<ストーリー>


2003年夏、東京。古本屋を営む鉄道マニアの肇の力を借りて
30〜40年代に活躍した台湾出身の音楽家・江文也について
調べているフリーライターの陽子は、お盆の帰省で実家のある
高崎へ戻った際、父と継母に妊娠していることを告白した。

相手は台湾に住む恋人。しかし、結婚する気はなかった。
東京へ戻った彼女は、肇と一緒に文也の足跡を辿る取材に出かけるが
その途中、気分を悪くする。彼女の妊娠を知り心配した肇は、
何かと世話を焼こうとするも、その胸の内に秘めた彼女に対する想いを
伝えることは出来なかった。ある日、知人の葬儀に出席する為
両親が上京して来た。あくまでも、シングルマザーの道を選ぼうとする
陽子のことを心配するふたり。だが、彼らもまたその想いをうまく口に出せない。

翌日、陽子は電車の中で眠ってしまう。
そんな彼女の側には、いつの間にか肇がいた。


<思う>


とてもシンプルな映像で見ていると引き込まれる感覚になります。
セリフもセリフらしくはなくて、アドリブですべて話しているような
とても自然な日常感がとてもリアルに表れています。

ストーリーに大きな波が無いのですが、それがとても心地よくて
些細な毎日という日常感がとてもリアルです。見ていると現場に
吹いている風までも感じられるんじゃないかと思うくらい

テレビの画面に写し出されているとは思えないくらいに
空気感というか、日常感がとても素敵だなぁと思った。

主人公が今、何を感じているのかが見えない感じがまさに
日常で誰かと向き合っているような感覚になって良かった。

こういう映画がもっともっと増えてほしいと思う。
見て良かったです。一青窈の自然な演技も良かったです。
[PR]
by moviepana | 2009-06-22 18:25 | ★★★★


波の無い映画が大好きです。邦画が大好きです。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧